鳥取県東部・中部のご葬式は株式会社ぎしきにおまかせください。

TOPページ > 葬儀の流れ > 湯かんについて

湯かんについて

湯灌の儀式とは…

湯灌の儀式には亡くなられた方が来世に導かれるために現世の汚れを洗い清めると云う意味と、赤ちゃんが産まれたとき、産湯につかるように、新たに来世に生まれ変わるためにと云う願いを込めています。

お風呂が故人への何よりの供養
元来日本人ほどお風呂を好む人種はなく、働いた後の疲れをいやし、サッパリとした爽快感、清潔感を味わい、また明日への活力としてお風呂を好みます。亡くなられた方も一生の仕事を終え、来世に旅立つのです。そこで亡くなられた時は 昔の風習に従い湯灌の儀式をしてあげたいものです。そうしてあげる事が残された家族、皆様の暖かい思いやりではないでしょうか。

湯灌の儀式の内容

儀式
湯灌儀式の口上。
ご家族、ご親族の方々と心をひとつにし、厳粛な湯灌の儀が始まります。
逆さ水の儀
逆さ水の儀式。
ご家族、ご親族の方々に交替で足下から胸元に逆さ水をかけてお清めの儀式を行っていただきます。
洗顔・洗髪
顔剃り
シャンプーで髪を洗いリンスで髪を整え、洗顔、顔剃り(男性は髭剃り)を行います。
全身洗い
お体は左足から右足へと逆さの作法にしたがって全身を洗い清めます。
ご家族、ご親族の代表数名で最後に故人様のお顔を優しく拭いていただきます。
美容・着付け
全身を洗い清めた故人様を床に移動し、衣装(旅支度)の着替えを行います。髪をドライヤーで乾かしてセットします。脱脂綿詰め替え処置を行い、美粧の儀(化粧)をほどこします。
終了
つつがなく湯灌の儀式が終了します。湯灌で使用したお湯は全て除菌処理し、車両内のタンクに引き込み処理いたします。