互助会・会員制度のご案内

互助会

互助会のメリット

メリット1:掛金と会員割引で急な出費に備えられる

毎月、3000円の掛金を冠婚葬祭のセレモニーに充当することで、急な出費を抑えられます。さらに、会員の方は葬儀の基本的な費用が非会員価格より大幅に割引になるため、いざというときに安心です。

メリット図1

メリット2:充実した施設やサービスを会員価格で利用可能

互助会ならではの充実した施設を会員価格で利用できます。
(例)一般価格15万円→会員価格9万円

メリット3:掛金の完納前でも利用も可能です。

掛金を完納する前に急遽お葬式や結婚式などの大きなセレモニーを行うことになった場合でも、 心配はいりません。

回掛金を支払った時点で会員となりますので、サービスをすぐに利用したい場合でも完納額と の差額をお支払いいただければ割引特典などのサービスをご利用いただけます。
※早期利用費が必要な場合があります。

3,000円 100回コースの場合
メリット図3

メリット4:物価変動のリスクがありません

契約開始から完納を迎えられても婚礼や葬儀などの冠婚葬祭のご利用が何十年もあとになる場合 もあります。

世の中の物価が高くなり葬儀費用も今より高くなる可能性がありますが、ご契約時のプラン内容 や掛金は物価の変動に関係なく固定です。そのため、互助会は将来の出費を抑える有効な手段となります。

メリット図4
物価の変動に関わらず、役務の内容は変わりません。
イラスト

メリット5:もしもの時も電話1本で対応します

互助会に加入しておけば、もしもの時も電話をするだけで専門のスタッフが対応します。

その後はスタッフにお任せ頂ければ、滞りなく葬儀の手配、準備を致します。

24時間365日

メリット6:家族どなたでも利用可能です

互助会の加入者ご本人だけでなく、同居のご家族や、ご本人が喪主や施主をされた場合はどなた様でも利用可能です。

また、上記にあてはまらない場合は名義変更をして頂くことも可能です。

入会のおすすめ

入会の流れ

  1. 準備していただくもの
    1. 初回分の掛け金 ※お支払い方法は一括払い、年払いもあります。
    2. 銀行口座(口座振替用)
    3. 口座お届印
  2. 申込み手続き
    1. ご自宅へ担当者がお伺いし、契約内容の説明をいたします。
    2. 契約内容・約款の説明を充分ご理解、ご納得いただいたうえで、確認書にご署名・押印いただきます。
    3. 加入申込書に必要事項をご記入いただき、記名押印の上、1回以上の月掛け金に相当する予約申込金を添えてお申込みいただきます。
  3. 申込み後
    1. 手続き完了後、「加入者証」をお届けします。
    2. 加入者証は、ご利用時に必要です。大切に保管してください。

入会予約

入会予約の受付をします。

後日、弊社よりお客様へご連絡を差し上げ、手続きをいたします。

※加入申込書に記入・捺印頂くまでは申込み完了となりません。

お客様の声

お客様の声1

収入が少ないため、毎月の支払いをネックに考えていました。しかし、相談してみたところ思っていたよりも少額だったため、入会を決めました。やはり自分の子供たちに負担をかけたくありませんから。(58歳女性)

「特典が多い分、選択肢が限られるのでは…」と、考えていました。しかし実際は、希望通りの葬儀を行うことができました。本当にありがとうございました。(60歳男性)

お客様の声2
お客様の声3

義父の名義では入会がしづらいとのことで、一度は入会を諦めました。しかし私の名義で入会をしても、義父や家族のために利用することができると知り、入会しました。備えがあることで安心することができ、家族のためのお守りのような存在に感じています。(48歳女性)

割引が適用されるサービスを設けている葬儀社は他にもありましたが、サービスや金額などを比較した結果、一番お得な互助会を選びました。(54歳男性)

お客様の声4

よくある質問

加入者本人以外でも利用できますか?

同居されているご家族様でもご利用いただけます。
ご本人様(契約者様)と同居されているご家族様、もしくはご本人様が喪主・施主の場合はご利用可能となっております。

加入後、いつから使用できますか?

入会された当日からご利用いただけます。
(早期利用費が発生する場合がございます)

解約はできますか?その場合、掛金はどうなりますか?

解約はいつでも自由にできます。所定の解約手数料を差し引いた金額を返金いたします。
掛金は葬儀でご利用いただくことを主目的としているため、途中解約の場合は全額返金することはできません。

転居することになった場合はどうしたらよいでしょう?

転居されてもご利用可能です。転居先がサービス対象外地域となった場合は、転居先地域の互助会へ移籍することで権利が引き継がれます。

電話でのお問い合わせ